たよりとお知らせ

【募集中】土地の物語りを編む、祭り。〜暗闇と火で繋がる彼岸:出濱 義人さん✕大原 学さん/2021年9月22日オンライン

Share facebook twitter
2021年8月24日 ンダ部 on WEB

イベントへのお申込みはこちら(Peatix)
https://ndabu-onweb-06.peatix.com/



『遠野物語』の著者でもある民俗学者、柳田 國男は、1946年に出版した『先祖の話』の中で、「日本人の死後の観念、即ち霊は永久に、この国土のうちに留まって、そう遠方へ行ってしまわないという信仰が、恐らくは、世の始めから、少なくとも今日まで、かなり根強くまだ持ち続けられている」と記しています。時代は令和になりましたが、私たちは今でも暮らしの中で、死者との交流の習慣を大切に持ち続けているのではないでしょうか。そして、そのひとつに祭りがあるように感じます。
今月のンダ部では、夏と秋の狭間、秋彼岸の夜に、そんな祭りをテーマにした時間をお届けします。

「祭りとは、土地の物語り。それを繋ぐことは、その土地の物語りを確認すること。」

「祭りの力で人と町を元気に!」をスローガンに活動されている一般社団法人マツリズム代表の大原 学さんは、そう祭りのことを捉えていると言います。自分たちより上位の存在を尊ぶ「祀る」という言葉を語源に持つ、祭り。それらの多くは、日々の恵みへの感謝、自然への畏怖、そして死者への弔意から各地で起こり、地域ごとの形で育まれ、今日へと受け継がれてきました。暮らしと自然との接点が減り、地縁や血縁といった関係性が希薄になり、祭りの担い手が不足していく一方で、それでも尚、その土地の物語りを守り繋いでいこうとしている人々がいます。
今回は、全国の祭りを巡られている大原さんをお招きし、印象に残っている各地の祭り、とりわけ「宵祭り」の様子や、触れ合った土地の方々から聴いた想い、それらに参加した際に感じた「物語り」とはどのような「物語り」であったのかを伺おうと思います。

* ここ数年大原さんが参加されている岩手県奥州市で行われる「黒石寺蘇民祭」の様子

聞き手には、大原さんたちの活動にも参加され、私たちハヤチネンダに大原さんをご紹介くださった「在り方探究家」の出濱 義人さんにお越しいただきます。お二人の対話の中で、祖霊信仰や死と生の関わり、あるいは、私の<いのち>と私たちの<いのち>の接続点について共に考える場を持てればと思います。ぜひご参加ください。


テーマ:土地の物語りを編む、祭り。〜暗闇と火で繋がる彼岸
日 時:2021年9月22日・水曜日・19:00〜20:30(終了後21:00までの放課後部活を予定)
場 所:オンライン(Zoomを予定)* 見逃し配信あります
参加費:無料(ご招待 山ノ上倶楽部会員・学生の方)
      1,000円(ご参加)
      2,000円(ご参加+応援)
      3,000円(ご参加++応援)
参加方法:申し込み頂いた方へ当日の午前中に視聴URLをご案内いたします


イベントへのお申込みはこちら(Peatix)
https://ndabu-onweb-06.peatix.com/


案内人

大原 学(おおはら まなぶ)/一般社団法人マツリズム 代表理事・マツリテーター
1983年神奈川県南足柄市生まれ。早稲田大学に入学も大学デビューに失敗。落ち込んでいる時に祭に出会い、踊るうちに自信を取り戻す。日本GE株式会社、NPO法人クロスフィールズでの勤務を経て、2016年に独立しマツリズムを設立。 祭りを通じて人と地域をつなぐ役割(マツリテーター)として、これまでに全国のべ100以上の祭に参加。祭りの本質を体感してもらう参加型プログラムを5年間でのべ500名以上に対して提供している。



出濱 義人(ではま よしと)/合同会社life in LIFE 代表
新卒入社した会社で主に採用に従事し、人生の節目に関わることで「生きる」に興味を持ち探究を始める。その後NPOでリーダーシップ養成、人材会社で人材・組織開発に従事。在り方を起点に生きること、人や地域の豊かな未来を意図し、対話や体験・体感を通した在り方の探究や地域の未来を考えるプログラムを実施。


ンダ部 on WEB 今後の予定について

ンダ部 on WEB では、この後も<いのち>と自然について多方面から考える内容になっています。設立2周年の11月には、哲学者の内山節さんの特別公演も予定しております。また、各回の終了後や、別の時間などにも部員同志で「死生観」をテーマに語ったり話を聞いたりする機会も設けていきます。 詳細が決まり次第ご案内致しますので、今後ともハヤチネンダの「ンダ部」に関心を寄せて下さると嬉しく思います。


* ンダ部 on WEB 情報のアップデートについては、ンダ部へご登録頂いた方へ不定期にお送りいたします。(登録フォームへ)

* ハヤチネンダは、<いのち>と自然をテーマに、現代の孤独に向き合い、心の糧となるような、様々なプログラムや研究活動の発信といった社会活動をしてまいります。ご支援いただけたら大変心強く思います。(活動を支援する

その他の記事(ンダ部 on WEB)

ページの先頭へ戻る

ハヤチネンダと一緒に、
いのちをめぐる旅に出ませんか?