たよりとお知らせ

【終了】和暦研究家、高月美樹さんと滞在する「季節と色を紐解く・遠野の森〜初夏」のご案内(2023年5月13〜15日)

Share facebook twitter
2023年3月28日 山ノ上倶楽部

ンダ部のゲストにもお越しくださった和暦研究家の高月美樹さんから、特別なお誘いのご案内です。

昨年末、『365日にっぽんのいろ図鑑』という書籍の監修もされている高月美樹さんから、季節の色をテーマにした滞在プログラムができないでしょうか、という嬉しいご提案があり、「ぜひ!」と、過ごしやすい季節を待って開催することとなりました。

この季節、遠野は関東より少し遅れて花と新緑の季節がいっぺんにやってきます。どの季節も美しい遠野ですが、とりわけ5月は気候もよく、草木の成長と同じようにのびやかで心地よい時間をすごすことができます。

高月さんも会員になってくださっている、ハヤチネ山ノ上倶楽部のテストプログラムとして特別価格で開催いたしますので、ぜひご一緒ください。

『365日にっぽんのいろ図鑑』監修:高月美樹より

以下、高月さんからいただいたご案内です。

この花のデザインは誰のため?

ハヤチネンダの皆さんにご協力いただき、私が昨年一年かけて行ってきた「色と季節の関係を紐解く講座」のリアル編を遠野でさせていただくことになりました。自然界を観察していると、自ずと見えてくる摂理の世界があります。季節によって出現する花の色が変化するのはなぜでしょうか。多くの花には来てほしい特定の蜂や蝶がいます。その虫のために花の形やデザインがあり、色があり、模様があり、咲く時期があります。

なぜ新緑の季節に白い花が多いのか

山の緑がいちばんきれいな頃、白い花が多く咲きます。白い花が咲く樹木は圧倒的に5〜6月に集中しているので、森の中は緑と白のオンパレードになります。ミズキ、エゴノキ、ヤマボウシ、カマツカ、ガマズミ、サワフタギ、ニセアカシア、ナンテン、シロヤマブキ、ズミ、ノイバラ、ヤブデマリ、スイカズラなど。なぜ白い花が多いのか、実際に森を歩きながら、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

WEBで連載中の『暦生活・七十二侯』/ さかねの色目 卯の花
https://www.543life.com/nipponcolor/post20200508.html

薫風の季節に風を見る。なぜ木々の枝は揺れるのか

自然界を観察すれば、その色の違いが簡単にわかるようになります。若葉、青葉、緑の色合いの違いにも注目してみましょう。木々はこの時期、みるみる盛りあがるように一気に葉を茂らせ、さわさわと葉ずれの音が鳴り出します。木々はなぜ枝を揺らすのでしょうか。色の世界から、樹木の構造の世界へも思いをめぐらせてみましょう。

新緑の季節。森がもっとも美しく、輝くとき。森の中には小川も流れ、さまざまな山野草、山フジ、山ツツジ、そしてたくさんの鳥や、小さな生き物が息づいています。そして宿泊するクイーンズメドウ(QM)の広い敷地では、馬たちが放牧されていて、散歩しながら森の中に佇む馬に出会うという、それは美しい時間を過ごすことができます。

森を歩き、馬に出会い、季節の色を採集しながら、遠出はせずに敷地内でゆっくりとすごす2泊3日です。みなさんと森の中で季節を観察しながら過ごせることを楽しみにしています。

敷地内には馬たちが放牧されていて、いつでも会いにゆくことができます。

和暦研究家、高月美樹さんと滞在する「季節と色を紐解く・遠野の森〜初夏」

日程】:2023年5月13日(土)〜2023年5月15日(月)

*集合:2023年5月13日 13時10分 JR遠野駅
*解散:2023年5月15日 14時40分 JR遠野駅

滞在】クイーンズメドウ・カントリーハウス

参加費
山ノ上倶楽部会員価格 54,000円(税込)/非会員価格 75,000円(税込)

*参加費には宿泊費と食費、保険料を含みます。
*テスト開催のプログラムに付き、特別価格でご案内いたします。
*同性の方と同室になっていただくことになります。
*食事の準備や片付けなど、お手伝いください。

ハヤチネ山ノ上倶楽部についてはこちら(入会もこちらから)

定員】:6名〜8名(最低催行人数/5名)


スケジュール

※各日とも天候・高月さん・みなさんと相談しながら、一緒に決めていきます。

5月13日(土)[午後]
・13:10 遠野駅に集合
 ※昼食は車中などでとっていらしてください
・遠野タクシーでQM(クイーンズメドウ)へ
・森と馬と出会う
・夕食
・自己紹介、ハヤチネンダのこと、明日からの作戦会議
・夜さんぽ(希望者)

5月14目(日)
[午前]
・各自朝食
・クイーンズメドウの馬事(自由参加)
・森あるき&季節の色を採集する
・昼食(ケータリング or お弁当 など)

[午後]
・森あるき&季節の色を採集する
自由時間
・夕食
・みんなの写真とトーク

5月15日(月)
[午前]
・朝食
・クイーンズメドウの馬事(自由参加)
・もっと馬と近づく時間

[午後]
・昼食
・それぞれの時間(出発準備など)
・14:15 QM出発
・14:40 遠野駅で解散(快速はまゆり15:10発)


案内人プロフィール

高月美樹(たかつき・みき) 和暦研究家・LUNAWORKS代表。

見て、読んで、感じる手帳『和暦日々是好日』を制作、発行(2003〜)。パラダイム・シフトをテーマに自然の一部として生きる未来の生き方を提案している。NHKオンライン講座、日本CI協会講師。
『婦人画報付録、和ダイアリー』(ハースト婦人画報社)
『にっぽんの七十二候』(エイ出版)
『いやしの七十にゃ候』(KADOKAWA)
『まいにち暦生活』(ナツメ社)
『365日にっぽんのいろ図鑑』(玄光社)ほか監修。
連載『月刊マクロビオティック』、
WEB暦生活・七十二侯 https://www.543life.com/tag/mikitakatsuki/


お問い合わせ・申込み

contact@hayachinenda.org まで、下記を添えて、メールにてご連絡ください

・お名前
・参加したい日程
・ご連絡先メールアドレス
・当日連絡可能な電話番号
・ご住所(保険加入のため)
・食物アレルギーの有無
・山ノ上倶楽部の会員/非会員か、または会員への申込み予定がある方はその旨を
「色と季節の関係を紐解く講座」オンライン版の受講生かどうか

を明記の上ご連絡ください。
*申し込まれた方に、詳しいご案内をお送りします。

これは誰の卵?と思ったらタマキクラゲさんだった

たよりとお知らせの新着記事

ページの先頭へ戻る

ハヤチネンダと一緒に、
いのちをめぐる旅に出ませんか?